¶ay Faboan Cat.
Un arcobaleno è felice?

スポンサーサイト 
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私の愛した、 
2010.07.16 Fri 23:34
 


敬愛するヴィジュアル系ロックバンド、
元『蜉蝣』のカリスマヴォーカルである大佑(押田大佑)さんが、
昨日十五日未明、東京 渋谷区の自宅で死亡しているのをスタッフが発見したそうです。



遺書は見つかっていないらしいのですが、自殺とみられているようです。



大佑さんは99年に四人組のヴィジュアルバンド、【蜉蝣】を結成し、
多数のアルバムを発売するも、07年に解散。昨夏からはソロ活動に転じていた。



日刊スポーツ記事によると、

関係者の証言では、前日の十四日の夜に打ち合わせをしていた際に大佑さんは、
「眠れない」と訴え、帰宅後に精神安定剤とアルコールを大量に飲んだ可能性があるという。
葬儀は近親者だけの密葬で行う予定。

後日、お別れ会開催が検討されているそうです。






本日V盤好きの友人にそれを聞いて、余りの衝撃に拍子抜けするしかありませんでした。
「精神的な疲労だろうか」と、友人とは話していましたが……。


以前のインタビューでも、普段と違う口調や話題で人生などを語っていました。
結構、ショックが大きかった。


「あの人はもう居ないんだな」って考えると、こんなにも切ない。


本当に大好きでした。数々の素晴らしい歌曲を、有り難う御座いました。
どうか安らかに。





 

≪蜉蝣≫

『絶望にサヨナラ』
          

shrug off

まだ涙がとまらない
また震えが止まらない
今 見てた夢が怖くて

黒い雨に打たれながら
絶望するヒトの夢を見た
ソレはきっと自分を映しだしていた

高い壁にぶつかって
飛び越える為の羽も無い
けどもう振り返りはしない

いつも逃げる事で自分を
守って守り続けたけれど
淋しさ虚しさが募っていくだけさ
立ち止まって動けない
そんな人に伝えて欲しい
まだ君は腐るには早過ぎるだろう

さぁ一緒に行こう
もう黒い雨は止んだから
後は見るな もう一度言うよ 後は見るな

死への欲望に サヨナラ 迷いは消えた

いつも逃げる事で自分を
守って守り続けたけれど
淋しさ虚しさが募っていくだけさ
帰る場所も無くて
大好きな君も居ないけれど
僕はこの先に進んで行くから

怖い今を暗い今を黒い今を越えろ








『聖者の雨』


突然の通り雨にうたれて 駆け込んだ路地裏の小さな屋根の下

其処で出逢ったキミは僕にこう言った「なんでそんなに悲しい瞳をしているの?」

その一言で僕は自由になれる気がしたんだ

金網の向こうから手招きする天使を見た
それはきっとキミなんだ きっとキミなんだ

もう一度キミに逢いたいから雨を待っていた

金網の向こうから手招きする天使を見た
あれはきっとキミだった きっとキミだった あの日
キミは教えてくれたんだ一人で歩き出すことを
もう逢えないのは淋しいけど 歩き出さなければ





『別離路』
          

憂鬱な夜 あの人の星を探した
意味深に輝く光それなのか?
その一瞬夢中になり少し笑った
そして不意に気付かされたそこに隠れる優しさに

その瞬間だけ暖かくなれた
あぁ ありがとう さようなら

叶うのならもう一度逢いたい
伝えきれず燻った想い届けたい
あの頃とは少し変わったけど
眠りの中だけでいい待ってるから <空に消えたあの人を>

きっといつか其処に辿り着くだろう
けれど今はまだ逝けないよ

辛い言葉突きつけられた事も
今思うと全てが愛しくて
叶うのならもう一度逢いたい
伝えきれず燻った想いを
あぁ眠る様に
もう逢えないと知っているけれど










本当に、本当にありがとう。
何度も助けてくれて、本当にありがとう。


スポンサーサイト
  管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://faboanhaikyo.blog107.fc2.com/tb.php/98-9791347f
わたし。

ゆめさき

Author:ゆめさき
 
空を歩きたい。


 ~ ♪ ~














 

最近のわたし。
皆様の御声。
これまでのわたし。
カテゴリ
お客様数。
つながり。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。