¶ay Faboan Cat.
Un arcobaleno è felice?

スポンサーサイト 
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
水槽に閉じ込めた空 
2014.06.10 Tue 02:08
 


深い意味はなかった。


深い意味もなくただ"何となく"訪れた広場に現れた黒い猫。
深い意味もなく、彼から目が離れなくなった。
しかし何ら特徴がある訳でもない。ただの黒い猫。


それだけで浮かんだのは「似てる」の言葉。
一体どこが、誰にそっくりだったのか。




訪れては、いつも遠くから私を見ている。
特に声を掛ける訳でもなく、ただこちらを見ているだけ。
二人の距離が縮まることも、互いの声を知ることもない。



冷たい雨で霞んだ彼を見て気が付いた。
その足元にだけ、たくさんの雨水が溜まっていくことに。




ああ、そうだ。




あそこに彼を閉じ込めたのは私だ。
私が彼の何もかもを壊したから。
謝りたくても遠いあなたを、そこに閉じ込めたのは私でした。


あなたは水槽の中で泣いていた。
動かないのではなく、動けないでいた。
あの夏の日に見た空を連れて、ただそこでお座りをして待っている。
飼い主が現れるのを、今でもずっと待っていた。
あのとき見た「似てる」人と、あの黒猫は、そんな風に見えた。



という、とあるペットショップでのお話。


 
スポンサーサイト
  管理者にだけ公開する

わたし。

ゆめさき

Author:ゆめさき
 
空を歩きたい。


 ~ ♪ ~














 

最近のわたし。
皆様の御声。
これまでのわたし。
カテゴリ
お客様数。
つながり。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。