¶ay Faboan Cat.
Un arcobaleno è felice?

スポンサーサイト 
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
白骨当日夜中の嘆き。 
2010.02.20 Sat 01:51
 


嫌。
嫌。
嫌。
気が狂いそうだ。





もし来てしまったら、どうすればいい。





飽くまで勘違いかもしれないというのに、
そんな曖昧な状況でも同行してくれる彼らが好きです。



でもやはり、本当だったとしても嫌だ。
嬉しいのかもしれないが、それに至るまでがやはり怖い。
どんなホラー映画よりも恐ろしい結果になってしまった。
尤も、一番怖いのは周りから消えてしまうという現実です。



明日が怖い。無事に終わってくれるだろうか。
同行してくれた友人達に、迷惑を掛けないだろうか。
散々な結果に終わったりしないだろうか。







今はそんな減思考なことで脳が満たされています。
厭わしい。自室に籠もっていたい。
この厭わしい感情を、何年引き摺り回したことか。
飽き性な私が、よくもここまで持ち続けたものだ。

それが叶うとしたのなら、こんなに嬉しいことはない。
きっと皆が解散した後も、一人で笑い悶えているんだろう。
それを思えば、少しは増しになるんだろうか。
叶うと信じていれば、少しは励みになるのだろうか。






こんな日が来るとは思わなかった。
漸く叶う -かもしれない- 日が、本当に来てしまうとは。
本当に嬉しい限りだ。



無事に解決してくれることを、
いい結果に終わってくれることを、
最も強く望みます。







もう二時。
普段ならまだ起きている時間ですが、明日は早くに起きなければ。



どうか、導かれますように。
それでは。



スポンサーサイト
2010.02.20 02:29 | URL | 尊大になるはずの先輩 | 編集
2010.02.20 02:36 | URL | ゆめさき | 編集
  管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://faboanhaikyo.blog107.fc2.com/tb.php/16-0009c539
わたし。

ゆめさき

Author:ゆめさき
 
空を歩きたい。


 ~ ♪ ~














 

最近のわたし。
皆様の御声。
これまでのわたし。
カテゴリ
お客様数。
つながり。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。