¶ay Faboan Cat.
Un arcobaleno è felice?

スポンサーサイト 
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2011.11.08 Tue 20:45
 







 まあ、ね。
私が悪いんだけどね。











誰が言ったか忘れたけど、
いつか幼い頃に言われた一言は本当だった。















きっとこういう事を言っていたんだろうね。
よく解った。






特に深い意味はないんだけれどもね。























少し、というか、
大分不安になっちゃった。








































この頃は色んな人に支えられて、
学校生活も凄く充実してる。



好きな人と一緒に居られる事も、凄く嬉しい。





















でもさ、





















自信がない。

























この先やっていけるかどうかよりも、















今の気持ちを持ち続けることが。














自分が一方的なだけとしか思えなくって、
相手に申し訳ないというか、





一緒に居て、痛い。
死にたくなるぐらい痛い。















私何やってるんだろう。




何でこんなことしてるんだろう。













やっぱりさ、
















こういうの仕方ないと思うけど、

























どう頑張っても、空なんか歩けない。

















一緒になれたこと、
凄く嬉しかったけど、













今の気持ちを保てるかどうか、
それさえ解らなくなってきた。













何も見えなくなってきた。













一方的だった自分が莫迦らしい。



























自分が情けない。



誰に縋れば幸せなのか解らない。













解らない。





























わからない。


































適当だらけの現実で生きていく事よりも、
死ぬ事よりも辛かった。








































寂しかった。












































辛かった。












































自分の名前も、





彼の名前も、












記憶から透けていくような感覚が、
酷く怖いんだ。





























ただ一緒に居たかった。




















でも、もう無理だよ。



酷く怖いんだ。

生きていくよりも、死ぬよりも、
何倍も何十倍も、ずっと、ずっと、ずっと。




































笑顔が見たいから、
ぜんぶ許そうとした。












でも、出来なかった。


















裏切りだった。





















































一方的に好きだった自分が莫迦みたいで、
情けなくて、悔しくて、泣きたくて。
















































好きになるのが怖かった。

瞬きしたら消えてしまいそうで、
幻になりそうで。




















結局私が弱かった。














一緒に居れば、強くなれると思った。





でも、逆だった。
















誰も好きになりたくなかった。





































今まで私は、何を頑張ってきたんだろう。






























頑張る事で、何が変わったんだろう。













心がずたずたに引き裂かれていくような、
死にたくても死ねない中途半端な痛み。









































メンタルの弱さもあったけど、



もう、痛いんだ。












笑顔が見たかった。

だから側に居たかった。















でも、私が間違ってたんだ。


貴方は、何も悪くない。






私が少し可笑しいだけなの。
















































ごめんね。





















本当にごめんね。





























凄く、幸せだった。




















 
スポンサーサイト
  管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://faboanhaikyo.blog107.fc2.com/tb.php/149-67505e7b
わたし。

ゆめさき

Author:ゆめさき
 
空を歩きたい。


 ~ ♪ ~














 

最近のわたし。
皆様の御声。
これまでのわたし。
カテゴリ
お客様数。
つながり。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。